読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョン・クラッセンがセールに関係なしの安さ♪

クマが自分の帽子を探して!森の動物達に聞いて回るストーリーです。ストーリー展開と大阪弁が見事にマッチしていて!オチもおもろい!!!「ちがうねん」の方も読んでみたくなりました♪関西弁のやり取りが大変面白くて!おとなでもハマります。私自身、関西弁なので読みやすいし楽しいです。

コチラですっ♪

2017年02月21日 ランキング上位商品↑

ジョン・クラッセンどこいったん [ ジョン・クラッセン ]

詳しくはこちら b y 楽 天

と言うことをこの2つの本から学び理解しました。でも気に入ってる様子で最後までちゃちゃを入れることなく聞いてくれます。子供達は人の物を勝手に取ったらあかん。保育所での読み聞かせのために買いました。3歳の息子は画面が赤くなるページでびくっとします。。小学校の読み聞かせ用に!図書館で借りたのですが!凄く面白くて(笑)低学年に!かなり好評でした。子供が笑えるのはずっと先でしょうね。本屋さんで立ち読みして、家族全員で気に入ったので購入しました。本屋で見かけて、読んでみたら、関西弁で面白くて、こちらで購入。大阪弁を聞きなれていない子ども達でも!大阪弁のおもしろさが分かるようで!こういった大阪弁ヴァージョンの絵本のウケはいつも絶好調です。最近流行っている?海外の作品の関西弁和訳がもう絶妙で、本屋さんでちらっと読んで和みまくりました!!関西弁ってアレですよね。なかなかシュールな内容です。いつでも読めるように購入を決めました。どこかすっとぼけた感じがあるからか!自分が関西ネイティブだからか!すっかりハマってしまいました!!!内容がシュールです…。何度も何度も繰り返しよみたくなる一冊です。関西弁が!ウケます。2歳の娘の方が!すごく興味を持ったので分かりやすいと思います。内容は確かにシュールなので、子供向けに作られたお話ではないと思います。何度読んでもシュールで面白いです。絵も可愛くて良いですが!まだ子供が小さくて理解するには少し難しいようです。最後に!登場する動物が一匹いなくなるのですが!子供にどう読みますか?おもしろい一冊です☆長谷川義史さんの絵本のファンです。めっちゃくちゃお気に入りになったので!こちらも購入。最初読んだ時は固まりました。評価の難しい作品です。絵もひょうきんで愛らしい動物達がいいですね。子供がこの本が大好きで図書館で何度も何度も借りるくらいお気に入りの一冊です。私は関西弁ができるので読み聞かせもコテコテでいきますが!関西弁を使ったことがない人はどんな感じで読むのかしら?それはそれで良いのでしょうね。最後のオチが・・・こわい〜〜(><)長谷川さんの関西弁訳がいい味を出しています。結構怖いです。息子も!気にいってたので!購入しました。関西弁の訳もGOOD!!4歳の息子と2歳の娘に!始めに『ちがうねん』を購入。嘘ついたらあかん。でも単純なやり取りだけでなく読み終わった後に何かホワッとした優しさが感じ取れる作品です。この作品の次に「ちがうねん」という魚の絵本もありますが!やっぱり1作目の面白さは格別です。でも関東在住の関西人なので、おおっぴらに関西弁がしゃべれて嬉しい絵本です(笑)関西人なので大阪弁が面白いかなとおもいましたが、読み聞かせにはなかなか難しいですね。図書館で何度も借りていましたが!やはり手元に置いておきたかったので購入。